9月1日

 今日から、9月。暑かった夏が終わろうとしています。全国的にはまだ暑い日が続いているようですが、こちらはめっきり涼しくなりました。
ピンクこがね
 8月お盆すぎに、鳥海山に登ってきました。鳥海湖までは何度か登りましたが、初めて頂上に挑戦して、だいぶ疲れました。もう二度と頂上は目指さないと思いましたが、また登りたくなっているのが不思議です。登っている途中、こんなきれいなコガネムシがいました。フンコロガシの仲間とか。生態系には貴重な存在ですね。

新山
 山頂の神社から、さらに登ること20分。岩に手をかけ、足を突っ張り、ようやくたどり着いた新山頂上。下りの大変さを考えると長居する気力はなく、証拠写真を撮って早々に下山。体力の限界を痛感しましたが、いつも見ている山の頂きに立てたことは格別でした。
 この地域の学校は先週半ばあたりが始業式でした。今週末には運動会が行われる学校もあるようです。学校が始まることを楽しみにしていた子どもたちもいるかもしれませんが、そうでない子どもたちもいたことでしょう。先日善寶寺の禅のつどいに参加したとき、お坊様がこのような詩を教えてくれました。
  
  ぼくが ここに 
         まど みちお
ぼくが ここに いるとき
ほかの どんなものも
ぼくに かさなって
ここに いることは できない
もしも ゾウが ここに いるならば
そのゾウだけ
マメが いるならば
その一つぶの マメだけ
しか ここに いることは できない
ああ このちきゅうの うえでは
こんなに だいじに
まもられているのだ
どんなものが どんなところに
いるときにも
その「いること」こそが
なににもまして
すばらしいこととして
 居場所のなさや、自分の無力さを感じたりしていませんか?気持ちが沈んだり、ゆううつになったりしていませんか?そんなときにあなたがいるその場所は、あなたしかいられない、地球に守られた場所なのです。あなたを守ろうとしているのは、地球だけではありません。あなたを守ろうとしている人が、必ずいます。そばに見当たらなければ、シオンに電話をくださいね。メールを送ってくださいね。
 待っています。

スタッフの日記
過去の記事