ぐうたら感謝の日

つばめ
 4月に渡ってきたツバメ。つがいでいる様子を何度か見かけましたが、いつの間にか卵が孵り、こんなにかわいい雛たちがいました。
 全部で、6匹?向かいの巣にいる親鳥にエサをねだって、一斉に大合唱です。こんなに大口開けて待っていられると、親鳥は大忙しです。巣に戻ってきてはエサをあげ、またすぐに外に飛び立っていくことの繰り返し。
 雛が巣立った後、秋に南の国へ渡れるのは、1,2割とか。来年、また元気に帰ってきてくれるとうれしいですね(^^)
 先週6月2日は『ぐうたら感謝の日』でした。のび太がドラえもんに頼んで、勝手に作った休日です。6月に祝日がないので、「1日ゴロゴロとぐうたら過ごす日」を作ったのです。作ったといっても、日本標準カレンダーというものに祝日のマークを貼るだけで、日本全国のカレンダーが合わせて変わるのだそうですが。
 のび太らしい発想ですが、自分で勝手にこんな日を作るのも、面白いなと思います。頑張るときは頑張る!でも、たまには『ぐうたら感謝の日』にして、堂々とぐうたらするのも、いいのではないでしょうか?
 大忙しの親ツバメは、しばらくぐうたらする時間はなさそうですが・・。
      <ウリ坊>

スタッフの日記
過去の記事