★☆H29年 10月29日(日)シオンセミナー開催!!!!☆★

~児童家庭支援センターシオン(七窪思恩園内)
  セミナーのお知らせ~

平成29年 10月29日(日) 
毎年恒例のシオンセミナーが開催されます。
シオンセミナー
「自分も相手も大切にするかかわり~院内学級の子どもたちが教えてくれた大切なこと~」というテーマで、
副島賢和先生に講演していただきます。
 副島先生はホスピタルクラウンとしても活動されていて、ドラマ『赤鼻センセイ』のモチーフになった方です。
”さいかち学級”というのは院内学級であり、さまざまな病気を抱えて入院している子どもたちが通う場所です。
病気の子どもたちにとって、まず必要なのは治療ですが、先生は「学ぶことは生きること」と考えます。
学校は、子どもたちの生活の大部分を占めますが、それは入院中の子どもたちにとっても同じことです。
 クラウンとはピエロ、道化師のことで、サーカスなどでおなじみでしょうか。
先生は映画『パッチ・アダムス』を観たことにより、その存在を知ります。
病気を抱えた子ども、院内学級の子どもというと、特別な子どものようですが、
困難な状態にある子ども、傷つき体験のある子どもと考えれば、多くの子どもたちに共通するものがあります。
 ぜひ多くの方に参加していただき、講演を聞いていただきたいと思います。
 申込みをお待ちしています。